生命保険の選び方は難しくない!

数ある生命保険の中から自分がどの商品や会社を選んで良いのか難しいと感じている人は少なくないと思います。 同じ定期保険でも数十種類以上あるのですべての商品を見て分析するとなるととてつもない苦労が必要です。 すべての商品を調べたのにまた新しい生命保険が販売されたり、完璧に理解した上で最適なものを選ぶという行為はとても難しい選び方です。 大切なポイントはすべてを理解しようとするのではなく、ランキングで5位内に入っているものを見比べてみて自分に合うものを選んでいくというものです。

生命保険選びのポイント1:必要補償額を見直そう

まずは加入の目的についてもう一度考え直してみるのが大切です。 誰のために生命保険に入るのか、どういうリスクに備えるために加入するのか、をもう一度見つめ直してみることで、 自分にはどのような保障が必要なのか分かってきます。たとえば独身の場合は葬儀費用や老後の介護費用で十分ですが、 結婚して家族を持つとなると必要補償額は一気に跳ね上がります。逆に子供が大学を卒業して独立すると一気に保証額は減るので生命保険を見直して保険料を抑えるチャンスとなります。 また女性の場合は死亡保険よりも女性特有の疾病に備えるために医療保険を重視することが大切です。

生命保険選びのポイント2:かけ捨ては最小限に

加入時から手厚い補償を受けられるのが生命保険の特徴ですが、20代夫婦のように収入も少ないうちから貯蓄型の養老保険などは負担が大きくなります。 そこで保険料の安いかけ捨て型の定期保険がおすすめになるわけですが、かけ捨ては解約したとしてもほとんど返戻金が返ってこないので、 必要補償額と見比べながら最小限に抑えるのがベストです。さらに保険料を抑えるのであれば毎年保証額と保険料が下がっていく逓減定期保険がおすすめです。 こどもの成長とともに必要補償額が減っていくので無駄がなく合理的で、現在では多くの人が逓減定期保険に加入しています。

生命保険選びのポイント3:保険会社を組み合わせる

最後にもう1つ大切なことは、生命保険の商品はいろいろな保険会社を組み合わせるということが大切です。 万が一のケースですが生命保険を取り扱っている保険会社が倒産すると、保証が受けられなくなるばかりかかけていた保険金が戻ってこないということもあります。 保険会社の経営状況を示すソルベンシーマージン比率という指標もありますが、どれだけ経営状態がよくても複数の商品を1つの会社のみでまとめるのはリスク分散という点ではあまり良くありません。 また生命保険の種類によって得意なものと不得意なものがあるので、ランキングなどを参考にしながら保険会社の組み合わせを考えてみるようにしましょう。

無料相談サービスで賢く選ぼう

このように簡単な選び方のポイントをクリアするだけである程度の保険商品に絞り込むができますが、生命保険は主契約と特約に分かれており特約に関しては商品によって異なるので プロの意見を参考に組み合わせを考えるのが一番賢い選び方でしょう。最近では見直しサービスが充実してきており、簡単なアンケートを事前に提出することによって最適な生命保険を提案してくれます。 しかもキャンペーン中なら生命保険の無料相談(見直し)で商品券やギフト券がもらえるので、複数のサービスを利用してみて複数のプロの意見から商品を選ぶというのも1つの方法です。

新着情報/2014.05.28 更新
2014.05.28
運営者情報を追加しました
2014.05.28
サイト公開しました